ブログ:【不眠症】眠れないあなたへ② | 当サロンを利用する際にご不明な点等ありましたら、些細なことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ブログ

【不眠症】眠れないあなたへ②

2017年07月10日

昨日は、不眠症の原因に
ついてお話をしました。



今回は、その対策法について
書いていきます。




では、不眠症はどのように
かいぜんしていけばいいのでしょう。




改善策を8つ上げておきます。
いずれか当てはまりそうなことが
あれば、少しずつでも試してみてください!





①就寝起床時間を一定にする


睡眠覚醒は体内時計で調整
されるため、平日・週末同じ
ように一定のサイクルで就寝・
起床することが重要です。




休みの日も平日より2時間以上
遅くならないように気をつけて
ください。




②睡眠時間にこだわらない



各自に必要な睡眠時間には
個人差があるため、自分に
とって最適な睡眠時間を
探してみてください。




日中に眠気があるときは、
午後4時前までに30~60分
程度の昼寝をするのが
効果的です。





③太陽の光を浴びる


太陽光は、体内時計を調整する
働きがあります。




光を浴びて14時間以降に
眠気が出てきます。




早起きして太陽光にあたることで、
早寝に繋がり、良いサイクルに
入ることができます。





④適度な運動をする



ほどよい肉体的疲労は、
心地良い睡眠に繋がります。




激しすぎるものよりは軽く汗ばむ
程度の運動がオススメです。





⑤自分流のストレス解消法を持つ


ストレスは、睡眠の大敵です。



音楽、読書、スポーツ、旅行、ダンス、
ヨガ、ストレッチなど、自分にあった
趣味をみつけ、定期的に気分転換を
はかり、ストレスフリーを目指しましょう。




⑥寝る前にリラックスタイムをつくる



リラックスすることで副交感神経を
活発にさせることが快眠のコツです。


コーヒーや紅茶は控え、食事は
満腹でもなく空腹でもなくほどほど
しましょう。



また、ぬるめの入浴で体を温め、
心身をリラックスさせると良いでしょう。



⑦寝酒はやめる



睡眠にとって、寝酒は百害あって
一利なしといえます。



お酒による眠りは浅いうえに
途中で目が覚めたり、朝早く
目が覚めることが多いものです。



またお酒を飲み続けていると
量が増えたり、依存してしまう
こともあるので、お酒に
頼らないよう心がけましょう。




⑧快適な寝室づくりを


ベッド、布団、枕、照明などの
眠りやすい環境づくりは重要です。




エアコンや除湿器・加湿器で温度、
湿度を快適に保つと良いでしょう。





快眠のために重要なのは、寝室内の
環境を整えることです。



首や肩に無理のない枕、適度な
硬さのベッドマットなど、体への
負担が少ない寝相を保つための
工夫が大切です。




不眠症で悩む方は、まずは心当たり
のある原因をしっかりと把握しましょう。




その上で、解消法を試して、
少しでも改善するようであれば
続けてみましょう。





また、快適な睡眠のためには、
寝床内の環境を整えることも
重要です。




「枕」、「敷布団」、「掛け布団」を
それぞれ見なおしてみるのは
いかがでしょうか?




もし、肩こり、腰痛、頭痛などの
身体の痛みで眠りが浅くなってしまう
場合は、当店の施術は有効ですので、




リラックスして眠らいたい場合は
一度、ご相談ください。




c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s.jpg

<< 戻る

お問い合わせは電話又はメールにてお気軽にどうぞ TEL,FAX:053-522-8422 Mailform

Information

浜松整体・整体サロン
ALSOWORT(アルソワート)
〒430-0939
静岡県浜松市中区連尺町314-36 チサンマンション連尺205号

心も身体も癒されるひとときを
浜松にある整体サロンの「ALSOWORT(アルソワート)」

TEL,FAX:053-522-8422

ページの先頭へ