ブログ:【坐骨神経痛】坐骨神経痛になりたくない! | 当サロンを利用する際にご不明な点等ありましたら、些細なことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ブログ

【坐骨神経痛】坐骨神経痛になりたくない!

2017年08月16日

坐骨神経痛てなんですか?

 

よく

 

「私、坐骨神経痛なんです~」

 

という方を見かけますが、坐骨神経痛ってなんのことか知っていますか?

 

坐骨神経痛とは、、、

 

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、何らかの原因によって、圧迫・刺激されることで現れる、痛みやしびれなどの症状のことをいいます。なると

 

多くの場合は、腰痛から始まり、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などのに痛みやしびれが現れます。

 

ひどくなると麻痺や痛みよる歩行障害を伴うこともあります。

 

 

どのような人が坐骨神経痛になりやすいのか?

 

実は、坐骨神経痛になりやすい人というのがあります。

 

それは、姿勢が悪い人です。

 

こんな姿勢をしてたら坐骨神経痛になっているか坐骨神経痛予備軍かも知れません。

 

 

立ち姿勢

坐骨神経痛は立ち方が悪いと症状が出てくることがあります。

 

・いつもどちらかの足に重心がかかっている

 

・中腰が多い

 

・姿勢が悪いまま歩いている

 

などです。

 

特に、重心がどちらかに偏っていると腰への負担が大きくなります。

 

すると、お尻の筋肉が硬くなりその辺りを通っている坐骨神経が圧迫され痛みや痺れが出てきます。

 

坐骨神経痛は、左右のどちらか一方に痛みがでることが多いですが、これをかばおうとして痛みの出てない方ばかりで立っていると逆の脚や腰に痛みが出てくる場合がありますので、気を付けてください。

 

重心が左右に偏っている場合は、すでに脚に歪みが出ていますので、歪みを改善することで、症状も改善できるかのせいがあります。

 

 

座り姿勢

坐骨神経痛は座り姿勢も関係してきます。

 

姿勢が悪い状態で長時間座っていると、痛みやしびれが出てくることもあります。

 

坐骨神経は、腰椎かた骨盤にかけても伸びていますので、座り方が悪いと、腰や骨盤まわりの筋肉も硬くなって、神経を圧迫してしまいます。

 

 

まとめ

坐骨神経痛の原因には、姿勢が大きくかかわっていて、その姿勢により坐骨神経周辺の筋肉を硬直させて圧迫・刺激しています。

 

筋肉が硬くなることで、関節の動きも悪くなっています。

 

坐骨神経痛を改善するためには、姿勢を改善するとともに、腰回りやお尻周りなどの筋肉が硬くならないようストレッチなどを普段からやってみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

yokoi.JPG

 

 

 

-----------------------------------

本気で坐骨神経痛で困っているけど忙しいあなたの為に

LINE@から無料相談を24時間受け付けています!!

 

 

 

浜松市で、

慢性的な頭痛・腰痛・膝痛・肩こり・首痛でお悩みの方。

姿勢やスタイルを良くしたいと思っている方。

 

お気軽にご相談ください。





 

 

 

ブログを見たで!毎日先着2名限定!

初回6000円→1980円です!!

 

 

 

LINE@または

TEL:053-522-8422

までお気軽にお問い合わせください!!

※施術中は電話に出れない場合がございます。

 

 

 

住所:浜松市中区連尺町314-36チサンマンション205号

受付時間:11時~翌2時

定休日:不定休

 

<< 戻る

お問い合わせは電話又はメールにてお気軽にどうぞ TEL,FAX:053-522-8422 Mailform

Information

浜松整体・整体サロン
ALSOWORT(アルソワート)
〒430-0939
静岡県浜松市中区連尺町314-36 チサンマンション連尺205号

心も身体も癒されるひとときを
浜松にある整体サロンの「ALSOWORT(アルソワート)」

TEL,FAX:053-522-8422

ページの先頭へ