ブログ:【変形性膝関節症】男性よりも女性に多い症状です | 当サロンを利用する際にご不明な点等ありましたら、些細なことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ブログ

【変形性膝関節症】男性よりも女性に多い症状です

2017年08月16日

祖母が変形性膝関節症に!

私の祖母は、9年前に、変形性膝関節症と診断されました。

 

その後、膝に水がたまり、あまりにも腫れてきたので膝の手術をしました。

 

術後、少しすれば、もとどおりになるかと思っていましたが、逆に歩行が困難になり今でも常に脚を引きずっています。階段の上り下りは誰かがついていないと出来ない状態です。

 

なぜ、手術したのにこんなことになるのでしょうか?

 

この時、手術のリスクを改めて感じました。たぶんもうもとに戻ることはないでしょう。

 

今回は、変形性膝関節症になってしまった方や膝が痛み始めた方に向けて書いていきます。

 

歩けなくなってからでは遅い!なるべく早めに予防・対策をおススメします。

 

最終手段の手術もあてにしてはいけません。

 

女性に多い変形性膝関節症

 

変形性膝関節症は男女比でいうと1:4で男性よりも女性が約4倍多いです。

 

年齢が高くなるほど、なる可能性が高くなります。

 

よくある症状が、膝の痛みと膝に水がたまるというものです。

 

初期症状は、歩くときや膝の曲げ伸ばしの動作の開始時に痛みが出て、少し休むと痛みが消えます。

 

悪化すると、正座ができなくなったり、階段の上り下りが難しくなり、末期症状は、安静時でも痛みがあり、膝の変形が目立ってきます。ここまでいくと、膝をまっすぐ伸ばすことが出来なくなります。

 

 

変形性膝関節症の原因は◯◯!

そもそも、なぜ変形性膝関節症になってしまうのでしょうか?

 

原因には、一次性と二次性に分けられます。怪我のようなはっきりとした原因がないのが、一次性といい、骨折や靭帯損傷などの外傷が原因となっているものを二次性といいます。

 

多いのは、一次性の変形性膝関節症です。

 

今回は、一次性の原因のみ上げていきます。

 

一次性変形性膝関節症の原因とは?

 

①肥満、体重増加

 

体重が増えると、膝への負担が大きくなるのはわかると思います。歩いているときには、通常の3倍もの負荷がかかると言われています。

 

なので走ったり、階段の上り下りは、それ以上の負荷がかかってしまいます。

 

 

③O脚・X脚

 

そもそも、O脚やX脚の人は、そうでない人に比べて、膝に負担がかかりやすいです。

 

O脚は膝の内側、X脚は膝の外側に体重が乗るため、変形性膝関節症になりやすい傾向があるようです。

 

逆に、変形性膝関節症になると進行していく過程で、O脚X脚になっていくことも多いです。

 

 

484827.jpg

 

 

④運動不足による筋力低下

 

年齢が高くなるについて、運動する機会も減り、脚や腰の筋力が落ちてきます。

 

とくに太ももの筋肉は、運動不足になるとすぐに落ちてしまいますので、立ったり座ったりする動作や階段の上り下りに影響が出てきます。

 

太もも筋力が弱くなると、膝の動きをうまくコントロールできなくなり、かかる負担も分散できなくなるため、膝の関節や筋肉、軟骨にダメージを与えてしまします。

 

 

⑤膝の酷使

 

適度な運動程度であればむしろ膝にいい影響を与えますが、激しいスポーツや肉体労働が続くと膝に過剰に負荷がかかるため、変形性膝関節症になりやすくなります。

 

 

 

なぜ膝に水がたまってしまうのか?

変形性膝関節症になると、膝に水がたまるという症状が現れます。

 

その水は「関節液」というもので、関節や関節軟骨、滑膜と呼ばれるところに炎症が起こると、炎症を抑えようとしてその液体が出てきます。

 

炎症がおさまれば自然と吸収されてなくなっていきますが、慢性的に炎症が続いたりすると液体がで続けるため、痛みや腫れが出てきます。

 

ひどい場合は、水を抜かないといけなくなります。

 

なので、初期段階で炎症をしっかり抑えられれば水はたまりません。

 

 

まとめ

変形性膝関節症は、日常の運動不足が原因となりやすいので、適度な運動をして日頃から足腰の筋肉を鍛えておきましょう。

 

ただし、膝に痛みが出ている場合は、無理な運動は避けて、専門家に相談しましょう。

 

変形性膝関節症は骨格にかなりの歪みが発生しているので、まずは整形外科を受診して、その後、信頼できる専門家のもとで、歪みの調整を行っていくことをおススメします。

 

 

 

yokoi.JPG

 

 

 

-----------------------------------

本気で変形性膝関節症で困っているけど忙しいあなたの為に

LINE@から無料相談を24時間受け付けています!!

 

 

 

浜松市で、

慢性的な頭痛・腰痛・膝痛・肩こり・首痛でお悩みの方。

姿勢やスタイルを良くしたいと思っている方。

 

お気軽にご相談ください。





 

 

 

ブログを見たで!毎日先着2名限定!

初回6000円→1980円です!!

 

 

 

LINE@または

TEL:053-522-8422

までお気軽にお問い合わせください!!

※施術中は電話に出れない場合がございます。

 

 

 

住所:浜松市中区連尺町314-36チサンマンション205号

受付時間:11時~翌2時

定休日:不定休

 

<< 戻る

お問い合わせは電話又はメールにてお気軽にどうぞ TEL,FAX:053-522-8422 Mailform

Information

浜松整体・整体サロン
ALSOWORT(アルソワート)
〒430-0939
静岡県浜松市中区連尺町314-36 チサンマンション連尺205号

心も身体も癒されるひとときを
浜松にある整体サロンの「ALSOWORT(アルソワート)」

TEL,FAX:053-522-8422

ページの先頭へ