ブログ:【膝痛】立ちあがる時に膝が痛い!その対策と原因 | 当サロンを利用する際にご不明な点等ありましたら、些細なことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ブログ

【膝痛】立ちあがる時に膝が痛い!その対策と原因

2017年09月10日

浜松市の整体院 浜松整体・整体サロンALSOWORTの院長の横井です。

 

今回は、立ちあがる時の膝の痛みについてお話ししていきますね^^

 

立ちあがる時の膝痛

膝に体重が乗る時に膝が痛むことはありますか?

 

例えば、

 

・椅子から立ち上がる時に踏ん張ったらひざが痛む

・日常的な動作だけで痛む

 

などです。

 

この痛みを病院でレントゲンを撮ってみてもらっても、

 

「年相応の変形が発生してますね」

「骨には問題ないので様子をみましょう」

 

などと、結局のところ、痛み止の薬と湿布で様子を見てるだけの人が多です。

 

では、なぜ立ち上がるときに痛みが出るのか?

 

これを、しっかり理解している人はそんなに多くないのではないでしょうか?

 

なので、今回は、その原因と対策についてもお話ししていきますので、しっかり理解してもらいたいと思います。

 

 

なぜ、膝に痛みが出るのか?

原因はいくつかあり、痛みのパターンも複数あります。

 

膝の周辺に筋肉をはじめとして靭帯や半月板といった組織が集まっています。

 

この中で痛みと関係性が強いのが筋肉です。

 

痛みには筋肉が関わっていることが多く、レントゲンで原因が見つからないのは、膝周辺の筋肉にかかるストレスが原因で膝の痛みを引き起こしていることが考えられます。

 

この場合、軟骨がすり減っている、膝の変形、膝関節の隙間が狭いなどは実は痛みに無関係な場合がほとんどです。

 

なので、痛みが発生している筋肉への負荷やストレスを取り除いてあげることで、膝の痛みが解決できます。

 

 

膝の痛みに関連する大腿四頭筋とは

立ちあがる時の膝痛に関連が強い筋肉に大腿四頭筋という筋肉が上げられます。

 

大腿四頭筋というのは、太ももの前側の筋肉です。

 

この筋肉は骨盤から膝のお皿の下まである非常に大きな筋肉で名前のとおり、4つの筋肉の集まりです。

 

大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋の4つです。

 

794890.jpg

 

 

この中でも、内側広筋がポイントです。

 

上の画像のとおり、ももの内側についている筋肉が内側広筋ですが、この筋肉の状態が悪くなると膝の内側に激しい痛みが走ります。

 

 

なぜ、筋肉にダメージが発生するのか?

左右どちらかの足に重心をかけて立つような癖はありませんか?

 

このような癖は、膝関節の重心が崩れて、片足の膝を支える筋肉にストレスがかかります。

 

その影響で、慢性的にストレスがかかっている筋肉は徐々に固くなっていき、柔軟性が失われて血流も悪くなります。

 

柔軟性が失われた筋肉はスムーズに動かすことが出来なくなり、動かそうとすると痛みを伴う結果となります。

 

 

膝周りの筋肉が硬くなる原因

筋肉が硬くなる原因は1つとは限りません。

 

大腿四頭筋に問題が起こる原因は、骨盤に上手く体重が乗っていないことが考えられます。

 

片足に重心に掛けることで、重心がずれ、骨盤に均等に体重が乗らなくなると、身体のバランスが崩れ、膝の関節に余計な負荷をかけてしまいます。

 

この負荷が大きくなると、膝関節の変形につながる恐れもあります。

 

マッサージなどで一時的に痛みが緩和される場合がありますが、重心をしっかり整えなければ根本的な解決へは繋がりません。

 

 

立ちあがる時の膝痛を軽減する方法

 

膝に痛みが出るということは、身体のバランスが崩れ、正しく体重を支えられていない状態です。

 

なので、立ちあがる際に、しっかり土台をつくってあげる必要があります。

 

 

①まず、座っている状態で両方のつま先を外に向ける

 

本来身体を支える土台となっている骨は「かかと」です。

 

かかとは、人の何十キロもある体重を支えたり、頭蓋骨を粉砕するほどの強度をもっています。

 

このかかとに上手く体重を乗せるためには、つま先を少し外に向ける必要があります。

 

 

②そのまま真上に向かって立ち上がる

 

立ちあがる時に重心が前にいくと膝に負担がかかりますので、痛みが発生してしまいます。

 

かかとをしっかり意識できたら、ぐっと真上に向かうように立ち上がりましょう。

 

③目線はまっすぐ前を向く

 

目線をまっすぐにすることで、骨盤に体重を上手く載せることが出来ます。

 

 

この3つを試して下さい。

 

 

まとめ

非常に簡単な方法をご紹介させていただきましたが、普段から意識できている人は少ないです。

 

これらの継続が膝痛を解決していくカギになりますので、是非意識してやってみて下さい。

 

どうしても、自分で改善していくのが不安だという方は、1人で悩まず専門家にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yokoi.JPG

 

 

 

-----------------------------------

膝痛で立ちあがるのがつらいあなたへ!

LINE@から無料相談を24時間受け付けています!!

 

 

 

浜松市で、

慢性的な頭痛・腰痛・膝痛・肩こり・首痛でお悩みの方。

姿勢やスタイルを良くしたいと思っている方。

 

お気軽にご相談ください。





 

 

 

ブログを見たで!毎日先着2名限定!

初回6000円→1980円です!!

 

 

 

LINE@または

TEL:053-522-8422

までお気軽にお問い合わせください!!

※施術中は電話に出れない場合がございます。

 

 

 

住所:浜松市中区連尺町314-36チサンマンション205号

受付時間:11時~翌2時

定休日:不定休

あなたの腰痛はどんなパターン?

<< 戻る

お問い合わせは電話又はメールにてお気軽にどうぞ TEL,FAX:053-522-8422 Mailform

Information

浜松整体・整体サロン
ALSOWORT(アルソワート)
〒430-0939
静岡県浜松市中区連尺町314-36 チサンマンション連尺205号

心も身体も癒されるひとときを
浜松にある整体サロンの「ALSOWORT(アルソワート)」

TEL,FAX:053-522-8422

ページの先頭へ